Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

橋梁

逆打ち#2

それでは、今回も引き続き四国ネタをお届けしたいと思います。 香川県、宇多津町に、写真のような石積みの構造物があります(写真)。トンネルのようでもありますが、前後は築堤なので、橋に分類されるようです。 この構造物の説明が、看板となって建ってい…

借り物#4

それでは、今回は、近鉄名古屋線木曽三川橋梁関連の、最終回です。 昨日の場所の少し西、長良川の堤防に近い場所に、写真のような橋台跡が残ります(写真)。コンクリートで固められますが、中からは煉瓦積みが見えており、明治期の煉瓦構造物であるのが分か…

借り物#3

それでは、今回も引き続き、近鉄名古屋線木曽三川橋梁関連をお届けします。 桑名市、旧長島町を西に移動、間もなく長良川という場所に、写真のような小さな橋梁があり、その南側には単線の橋台の跡が残ります(写真)。これは名古屋線の旧線跡、旧橋梁のよう…

借り物#2

それでは、今日は、引き続き近鉄名古屋線木曽三川橋梁をお届けしたいと思います。 JR及び近鉄の木曽川橋梁の三重側、則ち桑名市(旧長島町)には、写真のようなコンクリート製の橋脚が立っています(写真)。位置的には、近鉄とJRの間です。 周りの風景…

借り物#1

それでは、今回は、近鉄名古屋線に係る橋梁をお届けしたいと思います。 三重から進出した、大阪電気軌道の子会社、参宮急行電鉄は、伊勢鉄道を傘下に収め、名古屋への進出を計画していました。ちょうどその頃、関西鉄道、後の関西本線の木曽川及び揖斐・長良…

官線の名残

それでは、今日は、「京福電鉄」改め「えちぜん鉄道」三国港からお届けします。 写真は、三国港駅少し福井方の、煉瓦アーチ橋です(写真)。しかも、線路に対し斜めに架かっていることから、「ねじりまんぼ」で、斜めにねじれて積まれているのです。 この橋…

大外回り#2

それでは、今回も、引き続き名鉄三河線関連をお届けしたいと思います。 碧南市から矢作川を渡り、対岸の、旧「一色町」(現「西尾市」)の、県道に架かる高架橋(写真)。普通の鉄道高架橋です。 この、北側(写真)。道路を跨ぐために、計画的に勾配を登り…

雪見の場所

それでは、今日は、ところ変わって富山地方鉄道立山線、常願寺川橋梁をお届けします。 第何でしょうか、常願寺川橋梁(写真)。上路式アーチ橋で、鉄骨アーチの上に線路が敷かれ、見事な絵が出来ています。ここで、富山地鉄の電車の走行写真が撮りたいですね…

可動式

それでは、今日は、現役の可動橋梁である、四日市市の「末広可動橋」をお届けします。 線路は、四日市駅構内の扱いですが、事実上貨物線、列車通過時以外は跳ね上げています(写真)。 列車通過時刻が近づくと、職員が自転車でやって来て、橋の袂にある機器…

明治の思い出#8

それでは、今日も「明治村」から、最終回です。 尾西鉄道1号SLの後は、橋になっており、これも明治の橋で、東海道本線旧六郷川橋梁の1連です(写真)。複線用の鉄橋、構造的にはポニーワーレントラス橋です。 複線用橋梁として落成も、同区間の複々線化…

威風堂々

それでは、今日は久しぶりに橋梁をお届けします。 中央本線(中央東線)信濃境から富士見にかけて、下り線右方に、立派な橋梁が見えます(写真)。これは、中央本線旧立場川橋梁で、単線時代の同線の橋梁でした。上路トラス橋で、前後に桁橋が続きます。 電…

古い時代には#2(2016.11.12)

それでは、今日は、昨日に引き続き、三岐鉄道北勢線の構造物を見ていきたいと思います。 昨日の「ねじり橋」と並び称される、「めがね橋」です(写真)。この橋を取り込んだ周辺は、北勢線の撮影スポットとなっています。国営放送BSでも、プロカメラマンが…

古い時代には#1(2016.11.11)

それでは、今日は、三岐鉄道北勢線の橋梁を見ていきたいと思います。 写真は、「ねじり橋」、斜めに交差する水路等を渡る、ねじれたアーチ橋です(写真)。コンクリートなら何でも無い構造物ですが、石積みなので、技術的にも記念すべき構造物です。 反対側…

架橋の代償(2016.10.2)

それでは、今日は、廃線跡の橋梁をお届けしたいと思います。 写真の橋梁は、深名線(廃止)の、第何かは忘れましたが、雨竜川橋梁です(写真)。戦前に、若き技師が建設を指揮していましたが、完成し、足場撤去の際に足場が崩れ、その技師も巻き添えで命を失…

人柱伝説(2016.11.1)

それでは、今日は、人柱伝説のある橋梁をお届けしたいと思います。 知床斜里から根室標津を目指し建設された「根北線」。途中越川まで開業し、以遠建設が進められましたが、戦争の激化に伴い中断、戦後越川までも廃止となり、以遠も未成線として残ります。 …

転用後の末路(2016.10.28)

公園の、水路に渡される、あまり特徴の無い、トラス橋(写真)。こんな橋梁が、一体、何故? このトラス橋は、元は九州鉄道、後の国鉄鹿児島本線の、通称は筑後川とされますが、正式には千歳川に架けられたトラス橋の、1連です。明治23年に完成し、鹿児島…

悲しい遺構#3(2016.10.27)

それでは、今日も、国鉄高千穂線改め「高千穂鉄道」(廃止)の橋梁を見ていきたいと思います。 おそらく第1五ヶ瀬川橋梁でしょう、手前がコンクリートラーメン橋で、中間部(写真左側)が1スパンの上路式トラス橋になっており、これもまた技術魂を揺り動か…

悲しい遺構#2(2016.10.26)

それでは、今回も、国鉄高千穂線、後の「高千穂鉄道」(廃止)の、橋梁を見ていきたいと思います。 今回は、支流に架かるコンクリート橋、コンクリートアーチ橋です(写真)。橋脚と一体に形成された、鉄筋コンクリート製と思われます。 本当に、いろいろな…

悲しい遺構#1(2016.10.25)

それでは、今日から暫くは、高千穂鉄道の橋梁を見ていきたいと思います。 高千穂鉄道の前身である国鉄高千穂線は、何度も渡る五ヶ瀬川のために、幾つもの橋梁が建設されました。それらは、いろいろな橋の試作でもあり、多くの特徴的な橋梁があり、正に「橋の…

元日本一(2016.10.24)

それでは、今日は、元日本一の橋梁をご紹介します。 写真は、国鉄高千穂線、後の「高千穂鉄道」(廃止)高千穂橋梁です(写真)。水面からの高さは日本一の鉄道橋梁でしたが、台風災害により高千穂鉄道が多大な被害を受け、結果廃止となり、同橋梁も使用され…

現在日本一?(2016.10.23)

それでは、今日は、現在鉄道橋梁高さ日本一である、旧国鉄高森線、現「南阿蘇鉄道」、白川第2橋梁をお届けします。 震災から何年も前、同橋梁を捉えるのにベストポイントとされた、県道の橋梁上から同橋梁を眺めます(写真)。こちらも相当高いですが、写真…

隘路(2016.10.22)

それでは、今日は、現役の煉瓦アーチ橋をお届けします。 佐賀県武雄市、佐世保線の、国道35号線を跨ぐ橋梁(写真)。この橋を潜ると、国道は急カーブで西方に向かっています(写真)。本当は武雄から内陸に入り、大村を抜け長崎に入るルートが理想で、旧長…

こちらは現役(2016.10.21)

それでは、今回は、現役の煉瓦橋梁を見ていきたいと思います。 平成筑豊鉄道(へいちく線)田川線、「田川郡赤村」の、内田川橋梁は、煉瓦積みの橋梁です。写真は北側、煉瓦構造物の外側から切石で組まれており、こちらの外面は煉瓦が見えません(写真)。注…

夢の跡(2016.10.20)

それでは、今日は、これも廃線跡というべき遺構をお届けします。 折尾駅、筑豊本線から鹿児島本線に繋がる短絡線に、折尾駅「鷹見口」と駅舎があるわけですが、その南東方に、その構造物があります(写真)。煉瓦のアーチ、そして橋台に、蔦がむしています。…

旧ルート#4(2016.10.19)

それでは、今回は、旧ルート連載の4回目、最終回です。 筑紫野市内、鳥栖筑紫野道路の横を通る道路に、写真のような三連煉瓦アーチ橋があります(写真)。現在、この上は道路が走り、何ら鉄道に関連しないと思われます。しかし、それは違い、この橋梁は旧鹿…

併用を終えました(2016.10.6)

それでは、今日は、鉄道・道路併用橋として有名だった、「犬山橋」をお届けします。 名古屋から北上した犬山線が、犬山遊園から向きを変え、新鵜沼で岐阜を向き、木曽川を渡る橋、それが「犬山橋」です。かつては、鉄道と自動車が共存する撮影地として有名で…

用途廃止ですが(2016.10.1)

それでは、今日は、通称「筑後川昇開橋」、正式名称「国鉄佐賀線(廃止)筑後川橋梁」をお届けします。 大分発長崎行きの急行は、大分から久大本線を通り久留米、そこから鹿児島本線を瀬高まで行き、瀬高から佐賀線、佐賀から長崎本線に合流、終点を目指しま…

古く珍しい橋

それでは、今日は、鉄道の構造物らしい写真を投稿したいと思います。 写真は、参宮線宮川橋梁です(写真)。参宮線は、かつては関西本線を亀山から分岐し、伊勢神宮のある伊勢市を経て鳥羽へと至る路線でしたが、紀勢本線全通で亀山~多気間は紀勢本線とされ…