読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

やまぶき

f:id:seichiro0:20170525235559j:plain

 それでは、今日は、伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山でのイベントからお届けします。

 写真は、コデ165、黄色の事業用電車で、駿豆線大場工場から甲種輸送された車両を、線内で牽引する電車です。

 旧式の電車をベースに、事業用に改造されています。

f:id:seichiro0:20170525235616j:plain

 車内(写真)。シートや扇風機など、接客設備そのままに、車内に剥き出しで機械が置かれ、事業用であるのが分かります。

f:id:seichiro0:20170525235632j:plain

 運転台(写真)。簡易な設計の運転台に、速度計等の追加があります。これらは現在は必要なのでしょう。

 これらは大雄山でイベントが無いと見ることも出来ず、大場とは別の時期に行うので、狙って行く必要があります。次回は、来春でしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

志摩#5

f:id:seichiro0:20170524232842j:plain

 それでは、今日は伊勢志摩の最終回、サロンシート2題です。

 最初は、23000系「伊勢志摩ライナー」のサロンシート(写真)。1+1対面のカップルシートと、2+2対面のグループ、ファミリーシートの2つが並び、中間にテーブルを挟んだ固定クロスシートです。ただ、大型車体で2+1シートですから、余裕のある設計となっています。

f:id:seichiro0:20170524232904j:plain

 続いて、50000系「しまかぜ」のサロンシート(写真)。乗客がいて中まで写せませんが、こちらはテーブルを挟み2+2か3+3のコンパートメントとなっています。

 なお、「しまかぜ」には、洋室と和室(座敷)のグループシートが各1室用意されます。こちらもどうぞ。

 それでは、次回をお楽しみに。

志摩#4

f:id:seichiro0:20170523231955j:plain

 それでは、今日は、伊勢志摩からの帰り道、「しまかぜ」からお届けします。

 旅の楽しみの一つは、「食」、食べるのも旅行の一部です。そこで、「しまかぜ」のダイニングカーに行きました。

 先ずは、反対側から(写真)。非常出口はありますが、通常は通行が出来ません。

f:id:seichiro0:20170523232018j:plain

 そして、カウンターへ(写真)。従業員の女性に、撮影に協力して貰いました。「しまかぜ」に乗ったら、是非食堂車へ。

f:id:seichiro0:20170523232032j:plain

 ビスタカーⅣ世の検討の中で生まれた「しまかぜ」。客席はハイデッカーですが、食堂車はダブルデッカー、大型車体の特長を最大限に生かしています。1階席(写真)。2階があって1階なんて、とも思いますが、スピードを実感するには1階の方が良いです。写真のとおり、準個室の雰囲気です。

f:id:seichiro0:20170523232049j:plain

 2階席は、お客が増え、注文の真っ最中でした(写真)。こちらも眺望は抜群です。

 週6日運転、毎日ではありません。機会があれば、是非乗車されることをお薦めします。

 それでは、次回をお楽しみに。

志摩#3

f:id:seichiro0:20170522232253j:plain

 それでは、今回は、先回の帰り道、50000系「しまかぜ」乗車記です。

 式年遷宮、及び伊勢志摩サミットに合わせ製造された「しまかぜ」、恐らく「ビスタカーⅣ世」を製造する最後のチャンスでしたが、それに対する回答でした。

 当初2編成、後1編成が追加製造され、現在3編成が週6日運用に就きます。賢島駅昼下がりに、2編成は並びます(写真)。

f:id:seichiro0:20170522232305j:plain

 座席(写真)。ハイデッカー、大型車体に2+1列の本革シートで、マッサージャーも付き贅沢な車両です。

f:id:seichiro0:20170522232317j:plain

 運転台(写真)。ガラス張りで丸見え、前方の眺望も良いです。

 構造を見れば分かると思いますが、一枚曲面ガラスに出来なかったのは、恐らく難波トンネル対策で貫通路が必要で、その設定のために多分割ガラスになったものと思われます。中央の窓がそうです。

 それでは、次回をお楽しみに。

志摩#2

f:id:seichiro0:20170521202114j:plain

 それでは、引き続き、「伊勢志摩ライナー」からお届けします。

 中間に「Sea Side Cafe」と書かれた場所があります(写真)。

f:id:seichiro0:20170521202130j:plain

 そこにはカウンターがあり、人一人が立てるほどのスペースがあり、冷蔵庫等が開けられる構造になっています(写真)。

 デビュー当時はここに女性従業員が立ち、飲食物や記念グッズを売っていた記憶がありますが、デビューから随分時間も経ち、リニューアルを迎えましたが、施設はそのまま残っています。復活の時はあるのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

志摩#1

f:id:seichiro0:20170520231713j:plain

 それでは、今日からは近鉄、伊勢志摩を巡る特急列車をお届けしたいと思います。

 21020系「アーバンライナーネクスト」登場まで、近鉄最新で、かつ最強出力の特急は、23000系「伊勢志摩ライナー」でした。サミット、及び50000系「しまかぜ」登場に伴うリニューアルで、全6編成のうち3編成が、従来の黄色から赤に塗色変更、「伊勢海老ライナー」なる渾名もあります。その日に、乗車を試みました。

 近鉄名古屋駅には、赤の「伊勢志摩ライナー」が据え付けられます(写真)。

f:id:seichiro0:20170520231730j:plain

 運転席全景(写真)。ガラスで仕切られ、後にはステンレス棒で出来た、かぶりつきシートがあります。

f:id:seichiro0:20170520231746j:plain

 インパネ(写真)。逆転機を合わせ、3ハンドルです。

f:id:seichiro0:20170520231832j:plain

 運転席上部(写真)。遮光のパネルが3つ付いています。

 全室運転台で、貫通路も無いため、このような余裕のある運転席となっています。

 それでは、次回をお楽しみに。

特殊装備

f:id:seichiro0:20170518231906j:plain

 それでは、今日は、JRの、碓氷峠ネタをお届けします。

 JR東日本大宮車両センターには、写真のとおりEF63 13のカットモデルが保存されます(写真)。長野オリンピック前年の平成9年9月末で廃止になった、信越本線横川~軽井沢間の補機専用機として、長く使われた機関車です。

 同区間廃止後、転用出来ない急勾配用重量大型機関車であったため、全機廃車となり、一部が「碓氷峠鉄道文化むら」にて動態保存されます。

f:id:seichiro0:20170518231932j:plain

 保存されるのは当然こちら側、電車と連結する側、則ち山側です(写真)。左側には系列毎に異なるジャンパ栓の連結器があり、蓋に色と系列名のペイントで区別され、相手毎に間違えないようになっています。中には「キハ82」や「キハ57」、気動車の継電式重連総括用ジャンパ栓があり、勿論169系(協調運転用、189系、489系もこれと思われる)や115系(信号のみ)もあります。

 また、連結器は機関車や客車、貨車、気動車及び電車の何れとも連結出来るよう、自動連結器と密着連結器双方に対応する「双頭連結器」になっています。エアホースも、何本もあります。

 何れも間違いなく繋ぐ必要があるので、横川と軽井沢での連結は、的確にかつ正確に行われました。

 廃止から20年、本当に昔のこととなってしまいました。復活の可能性は、使用された車両が全部引退しており、もう1%も無いようです。

 それでは、次回をお楽しみに。