読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

科学館#2

f:id:seichiro0:20170323205057j:plain

 それでは、今回も引き続き、「交通科学博物館」からお届けしたいと思います。

 DD54が1両しか残っていないために、その代わりに津山に行った、DF50 18(写真)。初期のディーゼル機関車で、機関で発電し、それを制御する「電気式」ディーゼル機関車です。

 現在主力となりつつあるDF200は電気式ですが、それは現在のように電気系がメンテナンスフリーになってからであり、それまでは内燃系と電気系と二重の保守が嫌われ、結果液体式ディーゼル機関車が主流となりました。

f:id:seichiro0:20170323205108j:plain

 運転台(写真)。ED70等と同世代であり、製造も同じ三菱重工であり、外観も制御部分も通じる部分があります。マスコンは、ほぼ同じ、電気機関車そのものです。

 電気式が主流になるには、相当の時間がかかりましたが、現在はその方向に向かっています。

 それでは、次回をお楽しみに。