読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

復活

車内構造 キャブ・運転台

f:id:seichiro0:20170228202015j:plain

 それでは、今日は、三岐鉄道北勢線からお届けしたいと思います。

 写真の車両は226、半鋼製の電車です。北勢鉄道時代の電車と思われ、戦時統合で三重交通となり、後に内部・八王子線に移籍、四日市市内で保存されていたところ、北勢線近鉄から三岐鉄道に移管後、阿下喜駅に戻ってきました。

 この電車を整備するスタッフの中には、現役当時に北勢線で整備した、という方もいらっしゃるそうです。

f:id:seichiro0:20170228202113j:plain

 運転台(写真)。左マスコン右ブレーキで、電車としては標準ですが、やはり古い電車で計器が少なく、旧式なのが分かります。速度計も正に後付けのものです。

 こういう初期の電車が残っていることは、素晴らしいことです。今後も大切に保存して欲しいです。

 それでは、次回をお楽しみに。