読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

現金輸送車

f:id:seichiro0:20170214202151j:plain

 それでは、今日も引き続き、小樽総合博物館からお届けしたいと思います。

 写真は、マニ50のようですが、何か違う。そうです、マニ30 2012です(写真)。日銀の現金輸送用の客車、犯罪に備え運用も極秘で、外観も出来るだけマニ50に似せて造られています。

 現金輸送が自動車となったことから運用は廃止され、現存は小樽のこの1両のみです。

f:id:seichiro0:20170214202222j:plain

 荷物室に相当する部分には、現金が積まれ、番号と位置が書かれています(写真)。

f:id:seichiro0:20170214202235j:plain

 反対側も、位置が書かれています(写真)。

f:id:seichiro0:20170214202254j:plain

 その奥は、トイレと喫煙席、その奥はレール方向の2段寝台、A寝台に相当するサイズの寝台です(写真)。天井にはクーラーも装備され、2000番代は電気暖房の車両、空調は完備しています。

 知らぬ間に登場し、知らぬ間に消えていった車両で、実感も沸きませんが、貴重な車両であることは分かります。現存もこれだけですので、永く残って欲しいですね。

 それでは、次回をお楽しみに。