読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

Reverse

車内構造 キャブ・運転台

f:id:seichiro0:20170131212247j:plain

 それでは、今回は、真岡の「SLキューロク館」からお届けします。

 かつては真岡市内の公園にて保存されていた9600形、49671ですが、現在は真岡駅併設の「SLキューロク館」のメイン展示となっています。

 なお、土休日の定時には、内部に設置されたエアコンプレッサーで、館内から自走で小移動の実演が行われます。

f:id:seichiro0:20170131212300j:plain

 同機のキャブ(写真)。走行するということで、全部完璧に揃っています。

 ボイラの前を棒が渡り、大きな存在となっていますが、これが同機の加減弁、現役当時、機関士が右側の安全を確認しながら走ったことから、通常とは反対の右機関士となり、同機の大きな特徴となっています。。こんな特異機が残っています。

 それでは、次回をお楽しみに。