読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

命の水

f:id:seichiro0:20160927195911j:plain

 それでは、今日は、場所を変え三重県名松線の施設を見ていきたいと思います。

 名張と松阪を繋ぐという壮大な計画の元に名前がついた、名松線。結局土木技術の限界、伊勢奥津で途絶え、現在まで盲腸線になっています。その終点、伊勢奥津には、今でも写真のような給水塔が残っています(写真)。

 水は、燃料の石炭と同じ位、SLにとっては重要なものです。限界まで勾配に挑んできたSLたちが、運用を終え、帰りの力を得た、正に「命の水」です。蒸気の排気音は、呼吸のようだ、という人もいます。しかし、もう使われることは無いでしょう。

 それでは、次回をお楽しみに。