読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

大荷物

それでは、今日は、大物車を見ていきたいと思います。 紀勢本線多気から参宮線方面に向かうと、間もなく進行方向左手の工場に見えてくるのが、写真の大物車、シキ800Cです(写真)。運搬方法でABCDの区別があり、Cは落とし込み式を意味します。 2…

町並みに合わせて

それでは、今回は、都内小金井市の「江戸東京たてもの園」からお届けします。 写真は、都電7514、園内の町並みに合わせて設置され、静態保存されます。 昭和期の東京には欠かせない都電、園内のこの部分の景観にも合っています。 運転台(写真)。機器は…

公園の片隅で

それでは、今日は、都内で保存されるSLをお届けします。 写真は、板橋区の公園にて保存されるD51 513です(写真)。最も安定していた時代のD51、まだ戦争の足音は聞こえてきません。 その、キャブ(写真)。錆びも目立ち、砂っぽいのを除けば、こ…

九死に一生

それでは、今回は先回に引き続き、真岡鐵道真岡駅「SLキューロク館」からお届けします。 今日の写真は、D51 146です(写真)。普通の、標準形D51ですが、昨年からの展示です。 同機は、静岡市内の公園にて保存されていましたが、同地で解体の危機…

Reverse

それでは、今回は、真岡の「SLキューロク館」からお届けします。 かつては真岡市内の公園にて保存されていた9600形、49671ですが、現在は真岡駅併設の「SLキューロク館」のメイン展示となっています。 なお、土休日の定時には、内部に設置され…

試験車

それでは、今日は、先回と同じく、国立市の施設からお届けします。 鉄道総研、現在のJR総研の前の市施設「ひかりプラザ」には、山陽新幹線高速度試験車、951-1が保存されます(写真)。 なお、この周辺の地名は、新幹線に因み、「光町」です。 昼間、…

逓信

それでは、今日は、現存する数少ない「郵便車」をお届けしたいと思います。 近代日本で、鉄道と共に全国規模に拡大した、郵便。しかし、現在の道路網の発展に伴い、トラック輸送に取って代わられ、現在は廃止となっています。 その名残を伝える、中央郵政研…

小型

それでは、今日は「京王れーるランド」からお届けします。 京王動物公園線の終点、「多摩動物公園前」駅は、昔は周辺大学の通学駅として多数の自動改札を設置していましたが、現在は「多摩モノレール」開業で縮小、その余剰地に「京王れーるランド」を設置し…

海外では現役です。

それでは、今日は、八王子市の科学施設に保存される、営団(東京メトロ)丸ノ内線車両をお届けします。 写真は営団600系652、両運転台の車両です(写真)。後には黒のペイントのみとなったウェーブラインの帯も、オリジナルのステンレス帯がそのまま残…

Changeable

それでは、今日も「四国鉄道文化館」から、最終日です。 写真の車両は、通称「フリーゲージトレイン」二次試作車、、GCT01-201です。「ミニ新幹線」の進化形、標準軌を新幹線として、狭軌を特急として走れる車両として試作された車両の、2代目です…

大出力

それでは、引き続き四国鉄道文化館からお届けしたいと思います。 写真は、キハ65 34です(写真)。それまでは山岳区間ではキハ58しか連結出来ず、冷房化が困難であったところ、排気量増大及びインタークーラー増強で実現した大出力機関1機搭載により…

缶#5

それでは、今回も引き続き「四国鉄道文化館」からお届けしたいと思います。 同館に「南館」が増設されるに当たり、何両か新たに搬入されました。写真は、そのうちの1両、C57 44です(写真)。市内の他の公園から移設されました。 キャブの、左側則ち機…

缶#4

それでは、今日は伊予西条の「四国鉄道文化館」からお届けします。 「四国鉄道文化館」開館当初からの展示に、DF50 1があります(写真)。ディーゼル機関車です。 運転台(写真)。左に2段のエアブレーキは普通ですが、右手は電気機関車と同じマスコン…

缶#3

それでは、今日も引き続き九州のSLをお届けしたいと思います。 写真は、C57 175、宮崎県の運動公園内の公営宿泊施設の中の1両です(写真)。典型的な門鉄デフ、シリンダーの整備も簡単です。 切り取りデフも各種あり、一番有名なのが門鉄デフ(門デ…

缶#2

それでは、今回も引き続き九州のカマを見ていきたいと思います。 日向市役所前の公園に保存される、D51 541(写真)。ナンバープレート、及び配管はペンキが塗られ、少々残念な状態ではあります。しかし、もっと悪くても残っているカマもあれば、もっ…

缶#1

それでは、博物館は一旦終わりとして、九州のSLを少し見ていきたいと思います。 大分市の中心街には、C55 53とナンバーが入る、C55 46があります(写真)。門鉄デフとは少々違う切り取りデフが装備されますが、注視すると流線形のカバーが装備さ…

回顧録#10

それでは、今日も引き続き「九州鉄道記念館」から、お届けしたいと思います。 写真はJR九州の485系「レッド・エクスプレス」、クハ481-246です(写真)。485系貫通型200番代のクハとして誕生した同車、「レッドエクスプレス」となるときに…

回顧録#9

それでは、今日も引き続き「九州鉄道記念館」からお届けしたいと思います。 写真は、EF30 3です(写真)。日本初の量産交直両用機関車で、関門トンネルでの仕様を考慮して製造されました。1号機は軽量ステンレスボディではありませんでしたが、量産機…

回顧録#8

それでは、今回は、先回までと同じネタで、「九州鉄道記念館」からお届けします。 ED75にSGを装備したような形態となった、ED76。その、初号機が、現在九州鉄道記念館の中で、カットモデルとなり展示されます(写真)。本当は、全部展示したかった…

回顧録#7

それでは、今日も引き続き「鉄道博物館」ネタでお届けしたいと思います。 写真は、EF66 11です(写真)。特急エンブレムも塗色も、オリジナルに戻されています。 東海道~山陽筋で最急勾配は箱根で、丹那トンネル開通で解決、次いで瀬野八(瀬野~八本…

回顧録#6

それでは、今日も引き続き、鉄道博物館ネタをお届けしたいと思います。 写真は、ED75 775(写真)、主に奥羽北線用に増備された700番代の1両、多くはED79の種車となり、現在も一部現役車があります。 ちょうど北海道新幹線開業イベントがあり…

回顧録#5

それでは、今回も引き続き「鉄道博物館」ネタをお届けします。 写真の電車は、クモハ455-1です(写真)。シールドビームでは無い大目玉のヘッドライトなのが特徴です。 主電動機がMT46からMT54に出力アップし、さらに勾配抑速ブレーキが装備さ…

回顧録#4

それでは、今日も引き続き「鉄道博物館」ネタをお届けします。 写真はクハ181 45、クハ161として製造中に称号が改正され、161系改造車の続番となった車両です。161系のグループとしては最終号車です。 151系「こだま」形特急の上越形バージ…

回顧録#3

それでは、今日も引き続き、「鉄道博物館」ネタをお届けしたいと思います。 写真は、クモハ101-902です(写真)。新性能電車の第一陣、当初モハ90形と称したものの、称号改正でこの番号になりました。 引退後、永く大井工場、後の東京車両センター…

回顧録#2

それでは、今日も引き続き「鉄道博物館」ネタでお届けします。 写真はクモハ40074、戦前形の通勤電車です(写真)。半鋼製の電車、片開き3ドアで、18m級電車と思われます。 平成に入っても、クモハ42001が小野田線本山支線で活躍し、覚えてい…

回顧録#1

それでは、今日も「鉄道博物館」ネタをお届けします。 写真は、キハ41307、初期の単行用気動車です(写真)。この時代の気動車が残っていたのは、驚きです。 しかし、重連総括制御も無く、電車同様単行で使用される車両と思われた時代のものです。 同車…

Tristar

それでは、今回も引き続き、「鉄道博物館」ネタをお届けしたいと思います。 写真は3軸台車、マシ29107のもので、形式はTR73です(写真)。重量客車のためか、軸重軽減のためか、食堂車のためか、それとも振動防止のためか、通常の2軸台車では無く…

外国規格

それでは、今回から、「鉄道博物館」ネタをお届けしたいと思います。 写真は、輪心が赤いスポークになっている、大きな動輪です(写真)。勿論国内にはこんなに大きな動輪は無く、ドイツのDB01形SLの動輪だそうです。横にある、D50の動輪と比べても…

新生

それでは、今日も西武武蔵ヶ丘からお届けします。 写真は西武10000系「ニューレッドアロー」10703です(写真)。イベント時に入場していたのか、両先頭が運転台見学に使用されます。 運転台前方(写真)。計器類、スイッチ類は主に運転士用のもの…

サンダル

それでは、今日も引き続き、西武武蔵ヶ丘からお届けします。 写真は、リフティングに使用される38807が履く、仮台車(写真)。古いスポーク車輪でつくられたもので、ボディマウント部に、空気バネを噛ます形になっています。 西武にも、旧式車両部品を…

足下

それでは、今日は西武鉄道、武蔵ヶ丘車両工場からお届けします。 写真は、38807の前に用意される、本台車(写真)。営業運転時に使用される台車で、それぞれの整備のため分離しています。リフターで車体上げを行い、入れ換えます。 見るからにボルスタ…

Zero#3

それでは、今日も京都鉄道博物館から、お届けしたいと思います。 写真は、軽食堂「ビュッフェ」と客室の合造車、35-1です(写真)。雰囲気的にも151系特急「こだま」の、モハシ150と近く、客室とビュッフェの中間にドアがあるのも同じです。 当然…

Zero#2

それでは、今日も京都鉄道博物館の写真から、お届けします。 写真は1等車からグリーン車となった、16-1です(写真)。普通車が両デッキのところ、片デッキとなっています。 その、車内見学は現在行われていませんが、窓から様子を窺うことは出来ます(…

Zero#1

あけましておめでとうございます。それでは、今日も京都鉄道博物館からお届けしたいと思います。 写真は0系、22-1です(写真)。16-1、35-1、21-1と共に、保存されます。 同車の車内は、「交通科学博物館」当時に座席が撤去されシアターに…

シーラカンス

それでは、今日は、京都鉄道博物館から、お届けしたいと思います。 写真は、クハ103 1です(写真)。「交通科学館」開館当時は101系は最先端で展示車両が無くモックアップのみでしたが、現在は103系も「旧形国電」というファンも多く、現在博物館…

電車の祖先

それでは、今回は、梅小路公園に保存される、京都市電の保存車両をお届けします。 写真は京都市電29、半鋼製の旧式路面電車で、二軸単車です。 その、運転台(写真)。原始期の電車で、今走る電車の祖先に当たるわけですが、加速はマスコンで、大型の直接…

Old And New#3

それでは、今日も引き続き「みさき公園」南海車両をお届けしたいと思います。 写真は10000系10905、南海線特急「サザン」指定席用に製造され、当初2連でしたが、4連に組成改造、初期車は運転台撤去、後期車は中間車新造で対応しました。1200…

Old And New#2

それでは、今日も引き続き、「みさき公園」の展示車両からお届けしたいと思います。 写真は7000系7041(写真)、昨秋10000系共々リバイバル塗色で登場、片引戸最終車両としての運用に花を添えました。緑のツートン塗装が、昔の南海の雰囲気です…

Old And New#1

それでは、今回からは、大阪府「みさき公園」の、南海電鉄保存車両をお届けしたいと思います。 写真は、7000系7041、片開き戸4ドアの電車の、前頭部です(写真)。現役当時の塗色のまま、保存されます。 その、運転台(写真)。昭和40年代風の各…

古きを訪ね

それでは、今回は、所変わり阪堺電軌、我孫子道の車庫のイベントからお届けします。 写真は阪堺501、全面広告の、少々新しい、しかし少々古い車両、冷房は装備されます(写真)。 その、運転台(写真)。昭和40~50年代の、低床では無い路面電車、当…

Little World#7

それでは、今日は、如何にして低床車は実現したか、という話です。 おそらく、独シーメンスの「グリーンムーバ-」を輸入して、その種明かしで驚いた、その結論が国産「グリーンムーバ-・マックス」に現れています。 写真は、「サンフレッチェトレイン」5…

Little World#6

それでは、今日も、引き続き広電のイベントからお届けしたいと思います。 写真は、国産初の低床車、「グリーンムーバ-・マックス」、5105です(写真、手前がA)。広電がドイツ・シーメンス社から輸入した「グリーンムーバ-」を手本に、近畿車輛・三菱…

Little World#5

それでは、今回は引き続き広電からお届けしたいと思います。 写真は1000形1002、”Piccola”改め”Flower Train”です(写真)。国産低床車「グリーンムーバ-・マックス」の市内線用ショートバージョン、短編成の低床車です。 その、…

Little World#4

それでは、今回も広電、各地からやって来た車両をご紹介します。 今回は3002(写真、手前がA)、元西鉄北九州線の連接車です。門司から折尾まで走った市内線の、中距離も走れた路面電車です。 同形は一部筑豊鉄道にも残り、多客時は使用されているよう…

Little World#3

それでは、今回も引き続き、広電のイベントからお届けしたいと思います。 写真は582、外観のスタイルから、元神戸市電と思われます(写真)。兵庫県近辺の市電保存車両とほぼ同一の外観です。 その、運転台(写真)。間接式マスコンに、簡易なエアブレー…

Little World#2

それでは、今日も広電から、今回は旧式車をお届けしたいと思います。 写真は101、半鋼製の電車です(写真)。旧式車の復元です。 同車の運転台(写真)。三菱製の大型の直接式マスコンに、ブレーキは回転式のハンドブレーキで、これはこれで運転は難しそ…

Little World#1

それでは、今日からは、広島電鉄関連をお届けしたいと思います。 写真は、200形238、「ハノーバー電車」です(写真)。その名のとおりドイツのハノーバー市から寄贈された路面電車で、現在もなお走ることが出来ます。 その、運転台(写真)。手前の手…

原始期

それでは、今日は、趣向を変えて、SLのキャブを見てみたいと思います。 写真のSLは、明治鉱業15(写真)、見てのとおりドイツのクラウス社製のSLです。最初期の日本の鉄道に入線、後に払い下げで同線に入線、現在に至ります。 現在も、温泉前の施設…

最末期

それでは、今回は、引き続き近鉄のイベントから、高安車庫からお届けしたいと思います。 写真右は、「アーバンライナー・プラス」21000系、21609他です(写真)。左に22600系塗色更新車が並びます。 今年は、先着順に整理券を配り、持参する…

Symphony

それでは、今日は、近鉄続きで、近鉄のトラバーサを続けて載せたいと思います。 写真のトラバーサは、近鉄高安車庫のトラバーサ、場内の牽引車に使用される車両に、「青の交響曲」の試験塗装を施し、それがイベント時にトラバーサに載せられ、展示されます(…