Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

車両構造物

先進#1

それでは、今回からつくばエクスプレス守谷車両基地のイベントからお届けします。 写真は、子供綱引きに使用される、TX-2000系TX-2170です(写真)。TX-2000系後期の車両、現在新製はTX-3000系にスイッチしています。 その、台…

天命#11

それでは、今回もJR四国多度津工場イベントからお届けします。 写真は、C58 333の、テンダーの台車(写真)。右手がキャブで、前側に当たります。軸ばねは重ねた板バネで、それを鉄板の台車枠が支えています。ベアリングの無い時代、平軸受けでしょ…

天命#10

それでは、今回も引き続き、JR四国多度津工場イベントからお届けします。 写真は、C58 333の、従台車(写真)。丁度火室の真下に当たります。 C58は、軸配置が1C1の、プレーリーと呼ばれる構造です。客貨両用の機関車とされ、D51程ではあり…

天命#9

それでは、今回も引き続き、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、場内の準鉄道記念物、C58 333です(写真)。四国で最後に走ったSLのようです。 その、シリンダーと、動輪(写真)。シリンダーの往復運動が、露出しているが複雑…

天命#8

それでは、今回も引き続き、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、まだ残っていました、0系の、手前の3席は普通車、後の2席はグリーン車の座席です(写真)。普通車は、リクライニングの無い転換クロスシートで、今では考えられない座…

天命#4

それでは、今回も引き続きJR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、何かワム80000に窓をつけたように見えますが、これは準鉄道記念物「ロ481」です(写真)。明治期の、いわゆる「マッチ箱」、二軸単車の二等車です。恐らく座席は布…

天命#3

それでは、今回も引き続き、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、JR四国の主力特急用気動車2000系、130キロ運転用試作車である2458の、駆動機関(写真)。コマツ製ディーゼル機関、SA6D125H-1Aです。水平6気筒…

天命#1

暫く空いてしまいましたが、投稿を再開したいと思います。今回も、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、JR四国8000形特急電車の動台車、S-DT60です(写真)。いわゆる「制御付き振り子」と呼ばれる車体傾斜装置を装備した台…

世界初#2

それでは、今回も引き続き、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、先回の2000形2001の相方として試作された、2101です(写真)。2102以降と比較すると、やや丸みを保っており、また中央貫通路のところが異なります。これ…

世界初#1

それでは、今回からは、JR四国多度津工場のイベントからお届けします。 写真は、世界初の振子気動車、JR四国2000形の試作車、2001です(写真)。非電化区間で急曲線でも高速に走行出来るよう、制御付き自然振子装置で車体を傾斜することができま…

夢半ば#14

あけましておめでとうございます、管理人、Seichiroです。今年もご訪問ありがとうございます。 今回も、あいもかわらず連載の途中、山陽電鉄東二見のイベントからです。 写真は、集中型クーラー(写真)。1両に1台搭載されるもの、分散型4台分以…

夢半ば#13

それでは、暫く間が空きましたが、再開したいと思います。今回も、引き続き山陽鉄道東二見からです。 写真は、クーラー(写真)。現在の日本の電車では必需品、これは分散型で、1両に4台装備されます。家庭用クーラー5台分の能力があるようです。 パンタ…

夢半ば#12

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見からお届けします。 写真は、棒連結器(写真)。通常解結しない車両同士を、ほぼ固定編成で連結する連結器です。 私鉄ではよく使用されていましたが、国鉄では永く使用されず、末期に使用例が見られ、JRでは使用…

夢半ば#11

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、連結器(写真)。国鉄風にいえば「密着小型自動連結器」であり、国鉄ならば主に気動車で、他私鉄では電車でも多く使用されているものです。国鉄の機関車などで使用される柴田…

夢半ば#10

それでは、暫く間が開きましたが、再開したいと思います。 写真は、主抵抗器(写真)。モーターを制御する抵抗器で、この一個一個のつなぎ替えで所定の抵抗値を得て、モーターを制御します。これをつなぎ替える装置が主制御器で、それを遠隔操作するのがマス…

夢半ば#9

それでは、今回も引き続き山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、最新型の交流モーターです(写真)。出力は180kW、現在主流の密閉型のモーターで、ホコリ等が入らずメンテナンスフリー、保守の低減に貢献します。 この辺はJR東日本が…

夢半ば#8

それでは、今回も引き続き、山陽鉄道東二見のイベントからお届けします。 写真は、モーター(写真)。出力175kWのモーターで、誘導式か同期式かは不明ですが、交流モーター、VVVFと組み合わせるものです。 交流モーターにすることで、モーター自身…

夢半ば#7

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、モーター(写真)。125kWの出力、恐らく直流直巻式モーターと思われます。 昔はこの形のモーターしか無かったわけですが、今は交流モーターが主流、軽量で大出力となり…

夢半ば#6

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、MG(電動発電機)です(写真)。容量は120kVAとのことです。 今ではSIV(スタティック・インバーター)を使いますが、それが無い時代、架線の直流電流から制御系…

夢半ば#5

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、電車の台車、川崎重工製KW93とプレートが入ります(写真)。軸箱支持は軸はり式の、空気バネ式ボルスタ台車です。 最近、とりわけJR東日本での軸はり式復活は著しく、…

夢半ば#4

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 今回は、台車の、空気バネ(写真)。揺れ枕梁(ボルスタ)に、車体を直接載せる空気バネのベローズが左右にあります。これがそうか分かりませんが、国鉄・JR205系等ではボルスタ…

夢半ば#3

それでは、今回も引き続き山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 写真は、菱形のパンタグラフ(写真)。何の変哲も無いように見えますが、これは実は今では非常に貴重なものなのだそうです。何故でしょう。 それは、このパンタグラフは、富士電機製だ…

夢半ば#2

それでは、今回も引き続き、山陽電鉄東二見のイベントからお届けします。 ジャッキによるリフティング用の車両が載る、仮台車(写真)。古い電車の台車を流用したらしく、大正期から昭和の初めに多く使用された、いわゆる「イコライザー台車」です(写真)。…

道草#2

それでは、今回も引き続き、JR東海美濃太田車両所のイベントからお届けします。 写真はキハ75 3501(写真)、キハ75 501を、ワンマン運転対応改造したものと思われます。普段は使わない「急行」「飛騨古川」幕を表示、これも注目です。 その、…

道草#1

それでは、今回からは、JR東海美濃太田車両区イベントからお届けします。 写真は、レール運搬用気動車、キヤ97 103です(写真)。3とペアを組み、短尺レールを輸送します。連結器が密着小型自動連結器なのは、名古屋港のレールセンターまで東臨港線…

三線軌条#14

それでは、今回も引き続き、JR東日本秋田車両センターからお届けします。 写真は、PS209(写真)。E6系のパンタグラフ、これもシングルアームパンタグラフです。 新幹線用ということもあり、ほぼ高さは同じでしょうが、320キロ走行用には空気抵…

三線軌条#13

それでは、今回も引き続き、JR東日本秋田車両センターからお届けします。 写真は、パンタグラフ、PS109(写真)。701系用のシングルアームパンタグラフ、701系は交流専用の電車ですので、交流区間用のもののようです。 永く日本では菱形や下枠…

三線軌条#11

それでは、今回も引き続き、JR東日本秋田車両センターからお届けします。 写真は、キハ40 569(写真)。両運転台の車両です。 手前側の台車(写真)。M台車で、左側が駆動軸、右は付随です。ウイングバネペデスタル式のようですが、バネの外側をゴム…

三線軌条#10

それでは、今回も引き続き、JR東日本秋田車両センター(旧称「南秋田運転所」)からお届けします。 写真は、キハ40系、片運転台のデッキ付き、キハ48 520です(写真)。青の秋田の塗装になっています。 後方、T台車(写真)。ボルスタ台車で、ウイ…

三線軌条#9

それでは、今回も引き続き、JR東日本秋田車両センターからお届けします。 写真は、キハ40 2018です(写真)。両運転台、首都圏色の気動車です。 写真は、トイレ側の台車(写真)。T台車のようです。キハ20系とほぼ同形の、ウイングバネペデスタル…