Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

キャブ・運転台

小さいながらも#1

それでは、今回からは、伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、ED33(写真)。ED32と共に入線、戦時期の東芝製規格品です。同形は各地の私鉄で見られましたが、最近は数を減らしています。 運転台見学を行っており、行列し中に入り…

繰り上げ#12

それでは、今回は、東武鉄道南栗橋のイベントから、最終回です。 写真は16601、10000系6連の初号編成、今は野田線にて使用されます。 同車は休憩車両、運転台も見学出来ました(写真)。 抵抗制御が半導体を用いながら発展し、その究極の姿が、界…

繰り上げ#1

それでは、今回からは、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、かつて私鉄単独系列で最多両数を誇った8000系、亀戸線用、8675始め2連です(写真)。正面はリニューアル時にモデルチェンジしていますが、塗色は実験塗色の復活です。同…

過去、現在、未来#15

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、西武鉄道最新系列、40000系、40102始め10連です(写真)。副都心線通過対策で、正面にドアがあり、トンネル内で前後に脱出が可能です。LED方向幕には、”Sトレ…

過去、現在、未来#13

それでは、今回も引き続き西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、昨日の3011の相方、3012、「メーテル」です(写真)。この中も見学しました。 運転室の、助士席(写真)。既に座席は無く、助士が付くときは立っていました。 運転台(写…

過去、現在、未来#12

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は10連の3ドア車、3000系、3011「車掌さん」です(写真)。 車内が見学出来るので、中に入ります。 運転台(写真)。右手のブレーキハンドルは外されています。左手のマ…

過去、現在、未来#8

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は昨年突如引退となった9000系、9006です(写真)。4ドア10連で、引退の理由が分かりませんでしたが、ラッピング車も多数、抵抗制御車の最期の装飾という考え方も出来ま…

過去、現在、未来#1

それでは、今回からは、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、E851形E854(写真)。私鉄史上最大最強の電気機関車で、三菱電機製、国鉄EF65同形で、重連総括制御も可能ですが、65F形とは多少異なるようです。 運転士席(写真)…

一部併用#1

それでは、今回から京阪電鉄錦織車庫のイベント「大津線感謝祭」からお届けします。 写真は京阪700形707他(写真)。新しい京阪塗色を纏います。 運転台(写真)。速度計に圧力計と電流計、標準的な計器ですが、電圧計はありません。 その横は、非常通…

乗り入れ#4

それでは、今回も引き続き北神急行谷上からお届けします。 写真は電車の顔出しの内側に設置された、運転装置(写真)。記念撮影用の制帽が用意され、被って撮影が出来たようです。 計器は少ない感じを受けますが、速度計の外側にはATC速度信号もあり、更…

乗り入れ#2

それでは、今回も引き続き、北神急行谷上のイベントからお届けします。 写真は、見ただけでは分かりにくいですが、古い電車のインパネです(写真)。向きが逆で、上が手前で、下が上になっています。後付けのシステムが、手前になる上部に追加されているのが…

現役です#7

それでは、今回は、大井川鐵道新金谷のイベント最終回です。 写真は、「いずも」の後、1275です(写真)。これも、旧式なタンク機、入換機であったところ引退し、ここにあるようです。 足回り(写真)。これも0C0の、「シックスホイール・カップルド…

現役です#6

それでは、今回も引き続き、大井川鐵道新金谷からお届けします。 写真は、一畑1、「いずも」です(写真)。後に入換機となりその後引退、大井川にやって来ました。 足回り(写真)。0C0の「シックスホイール・カップルド」です。 キャブ(写真)。ボイラ…

軌道から鉄道へ#5

それでは、今回も引き続き、京阪寝屋川のイベントからお届けします。 今回は、63「びわこ」号です(写真)。かつて、京阪三条駅が地上で、鴨東線も無く、京津線も軌道であった時代、天満橋から浜大津までスルーする運用のため製造された、60形。その、唯…

軌道から鉄道へ#1

それでは、今回からは、京阪電鉄寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、京阪の一般形最新系列の、13000系13023(写真)。12000系を飛ばしていますが、これは3000系と共通だからです。 正面デザインも、3000系の緑版のようです…

The Gold#1

それでは、今回から泉北高速鉄道光明池のイベントからお届けします。 写真は、12020系12021(写真)。「泉北ライナー」用に新造された車輌、基本的には南海電鉄「サザンプレミアム」12000系と同一です。 基本、外観では金色の正面が特徴です…

急勾配の向こう側#4

それでは、今回は、神戸電鉄鈴蘭台最終回です。 鈴蘭台から見津車庫への移動は、6000系で行われ、下車後撮影用に使用されました(写真)。そして、帰りも同じ電車で鈴蘭台に戻りました。 6004の運転台(写真)。ツーハンドルで、普通の運転機器に右…

復活#4

それでは、今回も引き続き、神戸市交通局名谷のイベントからです。 写真は、神戸市電800形808です(写真)。戦時色の濃くなった時期の車両です。 運転台(写真)。マスコンにエアブレーキ弁、及び圧力計のみで、簡易な運転台です。 戦時期の車輌として…

復活#3

それでは、今回も引き続き、神戸市交通局名谷のイベントからお届けします。 写真は、神戸市電705(写真)。戦前の完成形700形の1両です。全体が保存されています。 運転台(写真)。マスコンとブレーキ、及び圧力計のみの、簡易な運転台です。 車内(…

復活#2

それでは、今回も引き続き神戸市交通局名谷のイベントからお届けしたいと思います。 写真は、神戸市電760の前頭部(写真)。最終期の車輌でしょうか。 運転台(写真)。子供が遊んでいますが、ほぼ鋼製、戦後製造のようです。しかし計器は少ないようです…

復活#1

それでは、今回からは神戸市交通局名谷のイベントからです。 写真は、神戸市初期の路面電車、101の前面です(写真)。この部分のみ保存されます。 裏側(後側)には、マスコンとブレーキの運転装置が装備された状態で保存されています(写真)。左がマス…

無念#4

それでは、今回も引き続き「栗原電気鉄道」ネタをお届けします。 石越の遊園地「チャチャワールド」、ED201の後には、M153が保存されます(写真)。 子供が入りたそうにしているのに便乗して、中に入ることが出来ました。 運転台(写真)。マスコン…

無念#3

それでは、今回も引き続き、「栗原電気鉄道」ネタをお届けします。 石越の遊園地「チャチャワールド」には、栗原電気鉄道時代の車輌が何両か展示されています。 写真は、そのうちの1両、ED201です(写真)。凸型の電機、特殊狭軌から狭軌に改軌時には…

無念#2

それでは、今回も引き続き「くりでんミュージアム」からお届けします。 写真は、KD952(写真)。「栗原電気鉄道」が、第三セクター「くりはら田園鉄道」となり、電化を廃止し内燃化したときの主力車輌、KD950形3両のうちの1両です。 まだ車齢は…

無念#1

それでは、今回から「栗原電気鉄道」、後の「くりはら田園鉄道」(廃止)若柳駅跡、「くりでんミュージアム」からお届けします。 写真は、KD12、元名鉄キハ12です(写真)。今は鉄道車両を製造しない富士重工(現「スバル」)製、「LEカー」で、運転…

駅遠し#8

それでは、今回は、西武鉄道南入曽のイベントの最終回です。 写真は、20000系20057です(写真)。正面はフルカラーLED幕で、恐らくアルミ車体でしょう。 運転台(写真)。左手ワンハンドルマスコンで、右手にはダミーハンドルがあります。やは…

駅遠し#5

それでは、今回も引き続き西武鉄道南入曽のイベントからお届けします。 写真は、クハ2620です(写真)。西武新宿線の顔であった同形式、現在も地下鉄東西線に乗り入れを希望している西武新宿線の、東京メトロに合わせた4ドア車です。 池袋線では101…

School#1

それでは、今回は、岡山県津山市「津山まなびの鉄道館」からお届けします。 昔は、期日限定で公開され、ボランティアが案内していた同施設ですが、収蔵車両数も増え、整備が進み、常設の博物館となりました。 車両は多数ありますが、今回はそのうちの1つ、…

風雪に耐え#36

それでは、今回は北海道の連載最終回です。 写真は、苫小牧市科学館にて保存される、C11 133です(写真)。苫小牧から分岐する日高本線でもC11は使用されていましたが、気動車化が早く、他線区のC11を持ってきました。 足回り(写真)。動輪が大…

風雪に耐え#35

それでは、三十余回続いた本連載も、いよいよ終盤に差しかかってきました。もう少しお付き合い下さい。 写真は、国鉄広尾線(廃止)愛国駅跡に保存される9600形、19671(写真)。駅ホーム前に留置されます。 愛国駅は有人駅だったのか、コンクリー…