読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

明治の思い出#6

それでは、今回も引き続き「明治村」の施設をお届けします。 名鉄が、自社の物件として保存したのが、「岩倉変電所」です(写真)。岩倉は、名鉄の犬山線から、東一宮方面、小牧方面に分岐した主要駅で、今はそれらは廃止されていますが、現在も特急が停まる…

明治の思い出#5

それでは、今日も引き続き「明治村」からお届けしたいと思います。 写真の建物は、「東京駅前警備巡査派出所」で、いわゆる「交番」、東京駅前にあったようです(写真)。東京駅の赤レンガとコーディネートされた赤煉瓦の建物で、意匠も復元された東京駅と一…

峠越え#4(2016.11.9)

それでは、連載4回目は、板谷峠の最終回です。 「峠」駅から一つ米沢寄りは、「大沢」駅です。スノーシェッドの中に、2面2線の対向式ホームがあります(写真)。手前側にシェッドは広くなっており、出口になっています。 2線分あるシェッドを出ると、通…

峠越え#3(2016.11.8)

それでは、板谷峠越え連載3回目は、「峠」駅からです。 板谷峠のサミットに近い峠は、複雑なトンネル配置の間、現在シェッドの中に、島式1面2線のホームがあります(写真)。旧塗装のE3系、今は亡きL51編成が通過しています。 左奥のトンネルは、お…

峠越え#2(2016.11.7)

それでは、板谷峠連載2回目は、「板谷」をお届けしたいと思います。 豪雪地帯対策で、スノーシェッドの中の、「板谷」駅(写真)。2面2線の対向式ホームです。 しかし、少々明かり区間があって、その先にもシェッドと、分岐する線路があります。 そのシェ…

峠越え#1(2016.11.6)

それでは、今回から4回にかけて、峠越えの現在、板谷峠をお届けします。 SL時代、峠越え専用機4110形が在籍した機関区、庭坂から始まります。そして、最初の駅は、現在は臨時駅に格下げとなった「赤岩」です(写真)。現在は、1面2線の島式ホーム、…

夢の跡(2016.10.20)

それでは、今日は、これも廃線跡というべき遺構をお届けします。 折尾駅、筑豊本線から鹿児島本線に繋がる短絡線に、折尾駅「鷹見口」と駅舎があるわけですが、その南東方に、その構造物があります(写真)。煉瓦のアーチ、そして橋台に、蔦がむしています。…

旧ルート#3(2016.10.18)

それでは、今日も、鉄道旧線跡をお届けしたいと思います。 北九州市八幡東区に、写真のような場所があります(写真)。煉瓦アーチと上の土盛り、そしてその上を通る道路。普通の、トンネルのようにも見えます。 北側から眺めた図(写真)。こちら側の煉瓦積…

旧ルート#2(2016.10.17)

それでは、今日は、旧ルート巡りの2回目です。 北九州市、八幡東区の河川に、写真のような煉瓦構造物が突如現れます(写真)。川を渡る煉瓦アーチ橋ですが、前後に何も無く、何のための構造物か分かりません。 これも、昨日と同じく九州鉄道が建設した、元…

旧ルート#1(2016.10.16)

それでは、今日からは、旧線跡の施設を、何回かに分け見ていきたいと思います。 写真は、福岡県遠賀郡岡垣町にある、通称「海老津アーチ」です(写真)。煉瓦で積まれたアーチ構造物が、周囲のみ残っています。 しかし、このアーチは、何故造られたのでしょ…

鉄道が出来る前、

それでは、今日は、ところ変わって京都市、琵琶湖疏水「インクライン」をお届けします。 元々は、京都の水運を確保するために開設された「琵琶湖疏水」。後に水道、更に水力発電と発展していくわけですが、原点はそこにあります。しかし、東山と山科の間は険…

永くは使用されなかった構造物

それでは、今日は、北海道ならではの構造物をお届けします。 明治期、旭川から天北線(廃止)ルートで、現在の南稚内まで「宗谷本線」が開通、更に北を目指しました。そして、南樺太の大泊までの間に稚泊連絡船が開業、それに併せ現在の稚内に当たる稚内港駅…