Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

豪雪に耐え#9

それでは、今回はJR西日本白山総合車両所イベント最終回です。 写真は、W7系の心臓部、無接点制御装置(左側)と、主変換装置(右側)です(写真)。運転席からの司令で主変換装置のコンピューターが電流の波形を作成し、それを恐らくIGBT素子でモー…

豪雪に耐え#8

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所のイベントからお届けします。 写真は、W7系搭載の、空気圧縮機(写真)。エアコンプレッサー、CPとも略されます。ブレーキとドアの動力源、重要な装置です。レシプロ式が昔は多かったですが、現在の…

豪雪に耐え#7

それでは、今回も引き続きJR西日本白山総合車両所イベントからお届けします。 写真は、W7系のパンタグラフ、WPS209です(写真)。展示用で、赤く塗られています。 N700Aなどでは、ほとんど一本棒のシングルアームになっていますが、一応こち…

豪雪に耐え#6

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所イベントからお届けします。 写真は、トラバーサ(写真)。一昨日のものとは異なり、建物中央にあるもので、運転実演、乗車体験できるものです。 設備が扇形や円形では無く、矩形に出来るのは、このトラ…

豪雪に耐え#5

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所からお届けします。 写真は、台車用の転車台(写真)。本台車を外し、仮台車を入れる際に、重量物の台車を移動させるためのものです。台車は台車工場へ、それ以外は車体工場にて整備されます。 これは、…

豪雪に耐え#4

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所からお届けします。 写真は、エントランス側、目の前にある、トラバーサ(写真)。通常は車両の平行移動に使用されますが、この日は通路代わりに使用されていました。 車両の場内移動には欠かせない施設…

豪雪に耐え#3

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所のイベントからお届けします。 写真は、W7系の、先頭車先頭側の台車(写真)。TR7010A、TR7010に対し排障機が追加されています。 スノープラウでも装備されていそうな感じもしますが、そ…

豪雪に耐え#2

それでは、今回も引き続き、JR西日本白山総合車両所からお届けします。 写真は、先頭車後位側の台車(写真)。付随台車で、TR7010と思われます。車輪ディスク+1ディスクの3か所でブレーキがかかり、100系や300系のような渦電流ブレーキは無…

豪雪に耐え#1

それでは、今回からはJR西日本白山総合車両所イベントからお届けします、 写真は、E7系同形、W7系の動台車、DT211です(写真)。ボディーマウント式のボルスタレス台車、軸箱支持はSUミンデン式にゴムブッシュを繋ぎ、セミアクティブサスペンシ…

次回は無いかも#5

それでは、今回は北海道夕張市「石炭と歴史館」SL館の最後です。 写真は、三菱大夕張鉄道(廃止)No.4の、炭水車(テンダー)(写真)。角が削られ、C56のような炭水車ですが、理由も同じ、転車台無しでもバック運転出来るようにするためです。 通…

次回は無いかも#4

それでは、今回も引き続き、北海道夕張市「石炭と歴史館」SL館のイベントからお届けします。 写真は、三菱大夕張鉄道(廃止)No.4の、シリンダー(写真)。後には、ダイヤモンドヘッド等の部品が写っています。 正に9600形そのままです。同型機で…

次回は無いかも#3

それでは、今回も引き続き、北海道夕張市「石炭の歴史館」からお届けします。 写真は、三菱大夕張鉄道(廃止)No.4です(写真)。9600同形、自社発注機と国鉄からの譲受機があり、どちらも使用されました。 そのキャブの中、機関士側です(写真)。…

次回は無いかも#2

それでは、今回も引き続き夕張市「石炭と歴史館」イベントからお届けします。 写真は、夕張鉄道14の、シリンダー(写真)。ここは種車の8620のままのようです。 その、ダイヤモンドヘッドから後、動輪まで(写真)。ダイヤモンドヘッドは国産のものと…

次回は無いかも#1

それでは、今回からは夕張市「石炭と歴史館」保存車両をお届けします。 夕張駅ヤード跡地の平原に設けられた、夕張石炭と歴史館は、幾つもの展示館があり、一大テーマパークでしたが、夕張市の財政の著しい悪化により大半が閉鎖となり、一部が営業するのみで…

昔の姿で#2

それでは、今回も引き続き、小松市のクハ489をお届けします。 写真は、クハ489 501の、EF63連結部(写真)。連結器は柴田式自動連結器で密着連結器では無く、エアホースと、右側に協調制御用のジャンパ栓KE70が付加され、それがクハ481…

昔の姿で#1

それでは、今回は、小松市にて保存される、クハ489 501をお届けします。 489系として、485系から独立して製造された同車、クハ481 100番代に相当しますが、向きが固定されたため片渡りとなり、また本来の用途横軽協調装備が追加された車両…

激変の前#12

それでは、今回はJR西日本金沢総合車両所松任本所のイベント、最終回です。 写真は、クハ681-9の、台車(写真)。T台車、WTR300とされます。付加物はありますが、軸梁式の台車、JR西日本としては初めてとのことです。地平と車軸の距離から考…

激変の前#11

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所のイベントからお届けします。 写真は、昨日も登場した除雪気動車、キヤ143-9の、台車(写真)。形式は、WDT68です。除雪翼側にはスノープラウが装備されます。 その、反対側の台車(…

激変の前#10

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所からお届けします。 写真は、キヤ143-9です(写真)。除雪車両ですが、扱いは機関車でも、機械でも無く、気動車です。業務用気動車の番号が割り振られています。窓は旋回窓で、豪雪でも見え…

激変の前#9

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所からお届けします。 写真は、同所の中心にある、トラバーサ(写真)。車体を車体工場で平行移動させる機械です。電動で、写真左上の3本の架線から、3つのパンタグラフで集電し動作します。 扇…

激変の前#8

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所からお届けします。 写真は、除雪気動車キヤ143の台車、WDT68です(写真)。外側に排障器では無くスノープラウを装備します。軸箱支持は、国鉄以来伝統のウイングバネペデスタル式です。…

激変の前#7

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所のイベントからお届けします。 写真は、DT141(写真)。DE10系列の2軸側の台車、これは普通にB、AAではありません。これも、横に展示されるDE15のものとの解説がありました。 …

激変の前#6

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所からお届けします。 写真は、3軸台車、DT142です(写真)。DE10、DE11も同じですが、横に展示されているDE15のものです。3軸台車ですが、Cではなく、それぞれが可動式らしく…

激変の前#5

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所のイベントからお届けします。 写真は、除雪気動車キヤ143の、動軸の輪軸(写真)。車輪の間にギヤボックスがあります。 どうも新品のようで、塗装も金属面も美しく、車軸を固定する部分には…

激変の前#4

それでは、今回も引き続きJR西日本金沢総合車両所松任本所のイベントからです。 写真は、キハ40系の、動台車の輪軸(写真)。ギヤボックスが装備され、ここにプロペラシャフトが繋がるようです。 大型車体で車重が重く、しかしそれほど機関出力も上がっ…

激変の前#3

それでは、今回も引き続きJR西日本金沢総合車両所松任本所のイベントからです。 写真は、521系用のM車の輪軸、則ちクモハ521用の輪軸です(写真)。モーターと噛み合わせるギヤボックスが装備されます。残りのスペースにはモーターが装架されるので…

激変の前#2

それでは、今回も引き続き、JR西日本金沢総合車両所松任本所からお届けします。 写真は、輪軸、521系用のT車の輪軸、則ちクハ520の輪軸です(写真)。撓み軸継手ではなく2枚のブレーキディスクで、T車遅れ込めはあるでしょうが、ブレーキ力が増し…

激変の前#1

それでは、今回は、JR西日本金沢総合車両所松任本所(旧称「国鉄松任工場」)のイベントからお届けします。 写真は、松任で保存されるSL、2272です(写真)。確か、明治期のノースブリティッシュ製のタンク式SLです。 通常国産SLでは機関士は左…

その名は東京#18(延長戦)

それでは、先回で終わりの筈であったJR東日本東京総合車輌センターイベント、延長の追編です。 写真は、JR東日本が自身で設計した最初の通勤電車、209系の試作車である901系クハ901-1、後のクハ209-901です(写真)。耐用年数13年を…

その名は東京#17

それでは、今回はJR東日本東京総合車輌センター最終回です。 写真は、パンタグラフ、PS33Dです(写真)。E233系に使用されるシングルアームパンタグラフです。PS33Bからマイナーチェンジされ、この記号番号になっています。 昔の菱形のパン…