Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

軌道から鉄道へ#10

それでは、今回は、京阪電鉄寝屋川の最終回です。 今回は、2200系2371の台車です(写真)。今までの「エコノミカル」とも異なり、コキ100系列の台車に心なしか似ています。同系T台車の製造は住友金属(現「新日鉄住金」)とのこと、いろいろな形…

軌道から鉄道へ#9

それでは、今回も引き続き、京阪電鉄寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、2200系、2353の台車(写真)。これもM台車か、いわゆる「エコノミカル台車」のスタイルです。昨日のものとは、ボルスタアンカの向きは反対です。車輪より小さい台車…

軌道から鉄道へ#8

それでは、今回も引き続き京阪寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、京阪で最旧系列のひとつである2200系、2209です(写真)。昇圧前の設計で、昇圧時に冷改も行われた系列です。 この時は気付きませんでしたが、これは2600系と共に、趣…

軌道から鉄道へ#7

それでは、今回も引き続き京阪寝屋川からお届けします。連休の遠征等で途切れていましたが、再開したいと思います。 写真は、63の、連接台車(写真)。前後の車体の中間にあるものです。典型的な昭和初期の台車、両車軸の間にイコライザが渡され、その上に…

軌道から鉄道へ#6

それでは今回も引き続き、京阪電鉄寝屋川のイベントからお届けします。 今回も引き続き、63です(写真)。注意すると、各車両ドアが2つあり、それぞれ高さが違うのが分かります。 鉄道線用のドア(写真)。ステップは鉄板で造られます。 軌道線用のドア(…

軌道から鉄道へ#5

それでは、今回も引き続き、京阪寝屋川のイベントからお届けします。 今回は、63「びわこ」号です(写真)。かつて、京阪三条駅が地上で、鴨東線も無く、京津線も軌道であった時代、天満橋から浜大津までスルーする運用のため製造された、60形。その、唯…

軌道から鉄道へ#4

それでは、今回も引き続き京阪寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、(新)3000系3004の動台車(写真)。先日の最新型13000系とほぼ同形、ボルスタつき軸はり式の台車です。同じ川崎重工製でしょう。ただ、ボルスタとボルスタアンカの位…

軌道から鉄道へ#3

それでは、今回も引き続き、京阪電鉄寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、(新)3000系、3004です(写真)。中之島線開業時に用意された車輌、しかし現在は特急にも使用、写真は特急運用時の「鳩マーク」を表示した状態です。これはカラー液…

軌道から鉄道へ#2

それでは、今回も引き続き、京阪寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、13023の台車(写真)。川崎重工のマークと、「KW77E]とのプレートがつき、川崎重工製の台車なのが分かります。構造的にはボルスタ台車、軸箱支持は軸はり式で、京急等…

軌道から鉄道へ#1

それでは、今回からは、京阪電鉄寝屋川のイベントからお届けします。 写真は、京阪の一般形最新系列の、13000系13023(写真)。12000系を飛ばしていますが、これは3000系と共通だからです。 正面デザインも、3000系の緑版のようです…

架線無し#5

それでは、今回も引き続き、真岡鐵道真岡からお届けしたいと思います。 写真は、SLも補助し、後補機にもなったDE10 1014です(写真)。塗色も、SLに合わせています。 機関は、DML61ZBに更新、インタークーラー増強で出力もアップしていま…

架線無し#4

それでは、今回も引き続き、真岡鐵道真岡からお届けします。 写真は、DE10 95(写真)。DML61ZAを搭載する、初期のDE10です。貨物用の死重では無く、旅客用のSGを搭載したタイプです。 場所は、真岡駅西側、建屋のSL庫の南側の、ほぼ放…

架線無し#3

それでは、今回も引き続き、真岡鐵道真岡からお届けします。 SLキューロク館の、9600形の相方は、スハフ44 25です(写真)。スハ43系、スハフ42の北海道バージョンとのことです。「船の科学館」にて保存されていた羊蹄丸の中の展示物でしたが…

架線無し#2

それでは、今回も引き続き、「真岡鐵道」真岡からお届けします。 写真は、見てのとおり給水塔です(写真)。真岡鐵道観光の主軸、SLの動力源、水を積載するためのものです。 鉄骨の足にコンクリートのタンクであることから分かるように、割と新しく、恐ら…

架線無し#1

それでは、今回からは、真岡鐵道真岡からお届けします。 早速ですが、写真は、中心駅真岡駅の車庫にある、転車台です(写真)。ちょうどタンク形SL1両が収まる大きさです。 昔は、転車台が真岡だけであったため、帰りはバック運転でしたが、後に茂木にも…

The Gold#4

それでは、今回は、泉北高速鉄道光明池最終回です。 写真は、「泉北ライナー」専用車12020系の台車です(写真)。M台車で、「新日鐵住金 SS177M」とプレートがついています。ボルスタレス台車で、軸箱支持はモノリンク式、ヨーダンパは無いです…

The Gold#3

それでは、今回も引き続き泉北高速鉄道光明池からお届けします。 写真は「泉北ライナー」12020系12121です(写真)。こちらの正面も金色、特別感があります。 車販準備室か、南海12000系同様にドア準備工になっている場所(写真)。流石にこ…

The Gold#2

それでは、今回も引き続き泉北高速鉄道光明池からお届けします。 「泉北ライナー」12020系、その違いは、車内です。車内は写真のとおり、デッキは金箔で金色です(写真)。 1編成のみの存在とのことで、思いっきり贅沢をしています。 洗面台(写真)。…

The Gold#1

それでは、今回から泉北高速鉄道光明池のイベントからお届けします。 写真は、12020系12021(写真)。「泉北ライナー」用に新造された車輌、基本的には南海電鉄「サザンプレミアム」12000系と同一です。 基本、外観では金色の正面が特徴です…

急勾配の向こう側#4

それでは、今回は、神戸電鉄鈴蘭台最終回です。 鈴蘭台から見津車庫への移動は、6000系で行われ、下車後撮影用に使用されました(写真)。そして、帰りも同じ電車で鈴蘭台に戻りました。 6004の運転台(写真)。ツーハンドルで、普通の運転機器に右…

急勾配の向こう側#3

それでは、今回も引き続き神戸電鉄鈴蘭台のイベントからお届けします。 写真は、工場内の台車交換用の「台車トラバーサ」(写真)。車体を支えたまま台車を下ろし、仮台車に載せるための施設です。クレーンやジャッキを使用しない小規模な工場で、よく見られ…

急勾配の向こう側#2

それでは、今回も引き続き神戸電鉄イベントからお届けします。 見津車庫に据え付けられた撮影会用の編成、1104始め3連(写真)。貫通扉の報告幕は山陽電鉄と同形式、恐らく同じ川崎重工製でしょう。 同車の台車(写真)。軸箱支持はウイングバネペデス…

急勾配の向こう側#1

それでは、今回からは、神戸電鉄鈴蘭台のイベントからお届けします。 鈴蘭台車庫から仕立てられた専用列車の目的地は、見津車庫。既に、撮影会の準備は整っています。 写真は、アルミの地肌が見える車輌、3004です(写真)。 同車の台車(写真)。ボルス…

復活#6

それでは、今回は神戸市交通局名谷最終回です。 制御装置更新が進む2000系2520、その心臓部VVVFインバータです(写真)。以前は1000系でやっていましたが、今は2000系で進みます。 造られた構体がしっかりしているのか、それとも車輌を…

復活#5

それでは、今回も引き続き、神戸市交通局名谷のイベントからお届けします。 写真は、塗装中の2120(写真)。足回りは無くジャッキに載り、また塗装のマスキングがされています。 その前に置かれる、住友金属FS393台車(写真)。2120のものと思…

復活#4

それでは、今回も引き続き、神戸市交通局名谷のイベントからです。 写真は、神戸市電800形808です(写真)。戦時色の濃くなった時期の車両です。 運転台(写真)。マスコンにエアブレーキ弁、及び圧力計のみで、簡易な運転台です。 戦時期の車輌として…

復活#3

それでは、今回も引き続き、神戸市交通局名谷のイベントからお届けします。 写真は、神戸市電705(写真)。戦前の完成形700形の1両です。全体が保存されています。 運転台(写真)。マスコンとブレーキ、及び圧力計のみの、簡易な運転台です。 車内(…

復活#2

それでは、今回も引き続き神戸市交通局名谷のイベントからお届けしたいと思います。 写真は、神戸市電760の前頭部(写真)。最終期の車輌でしょうか。 運転台(写真)。子供が遊んでいますが、ほぼ鋼製、戦後製造のようです。しかし計器は少ないようです…

復活#1

それでは、今回からは神戸市交通局名谷のイベントからです。 写真は、神戸市初期の路面電車、101の前面です(写真)。この部分のみ保存されます。 裏側(後側)には、マスコンとブレーキの運転装置が装備された状態で保存されています(写真)。左がマス…

Junction#5

それでは、今回はJR高崎駅イベントの最終回です。 写真は、ご存じD51 498(写真)。JR東日本で一番活躍しているSLです。同イベントにも参加していました。 足回り(写真)。1D1のミカド形、代表的な日本型のSLです。 更に、ダイヤモンドヘ…