Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

小さいながらも#7

それでは、今回も引き続き、伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、中央が「断流器」、右の小さな箱の上部が予備励磁接触器、下部が低電圧継電器です(写真)。器具は外されていますが、中央はブレーカーで、主回路の保護装置です。接触器は…

小さいながらも#6

それでは、今回も引き続き伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、3010の、主接地です(写真)。刃形のスイッチ、正にマスタースイッチです。レールと回路とを繋ぎ、切りするスイッチです。 事象の内容と程度によって回路を切る場所は異…

小さいながらも#5

それでは、今回も引き続き伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、主開閉器(写真)。主回路のスイッチ、刃形のものです。モーター他直接架線電圧がかかる部分のスイッチになります。通常は入、故障時及び整備時に切ります。 電圧がかかった…

小さいながらも#4

それでは、今回も引き続き、伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、3010を載せる、仮台車(写真)。ボルスタ(揺れ枕梁)を外さず、その下から本台車を外し、載せています。この部分を外すには、ボルスタアンカから外す必要があり、また…

小さいながらも#3

それでは、今回も引き続き、伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、ED33の、ATS車上子(写真)。一般に、車体に固定されていることが多い装置ですが、この車両では台車の全部に金具を取り付け、装備しています。 足回りの装備から考…

小さいながらも#2

それでは、今回も引き続き伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、ED33の、動台車(写真)。やはり戦前の設計、軸箱はイコライザーで支持、車体は重ね板バネで支持しています。現在から見ると、かなりクラッシックな設計になっています。…

小さいながらも#1

それでは、今回からは、伊豆箱根鉄道大場のイベントからお届けします。 写真は、ED33(写真)。ED32と共に入線、戦時期の東芝製規格品です。同形は各地の私鉄で見られましたが、最近は数を減らしています。 運転台見学を行っており、行列し中に入り…

繰り上げ#12

それでは、今回は、東武鉄道南栗橋のイベントから、最終回です。 写真は16601、10000系6連の初号編成、今は野田線にて使用されます。 同車は休憩車両、運転台も見学出来ました(写真)。 抵抗制御が半導体を用いながら発展し、その究極の姿が、界…

繰り上げ#11

それでは、今回も引き続き東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 「SL大樹」の客車はJR四国から譲渡された14系客車ですが、これは12系客車を発展させた、特急用客車でした。そのため、12系同様にDGが付いています。その、DGの動力部であ…

繰り上げ#10

それでは、今回も引き続き東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、菱形パンタグラフ、PT4801です(写真)。8000系や6050系に使用されるものです。現在のパンタグラフの主要メーカー、東洋電機製です。 最近は、軽量化されたシン…

繰り上げ#9

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、TDK544(写真)。142kwの直流モーター、電気機関車5050形、5070形のモーターです。吊り掛け式の架装、車軸の支持部分が見えています。 スイスのように精…

繰り上げ#8

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、TM-83直流電動機、10000系、10030系、20000系まで使用された、直流電動機としては最終期のものでしょう。以降10080系、20050系からはVVVF…

繰り上げ#7

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は電動機、TDK-824です(写真)。直流主電動機、恐らくDRC1720系の再利用で、制御方式は界磁位相制御とも、他励界磁制御とも呼ばれるべき制御方式で、200系用の…

繰り上げ#6

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、TM90形電動機、100系「スペーシア」用の出力150kwの三相かご形誘導電動機です(写真)。 VVVFは平成の技術、バブル期には旺盛な車両需要と共に量産されまし…

繰り上げ#5

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、TM03、50000系に使用される、出力165kwの三相かご形誘導電動機です。60000系、70000系が登場し最新系列ではなくなりましたが、まだ新しい、5005…

繰り上げ#4

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 今回も、エアーコンプレッサー(CP)です(写真)。HS20Cという形式のようで、レシプロ式のコンプレッサー、1分間に1,600ccの圧縮空気をつくるようです。 昔はこの形…

繰り上げ#3

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、エアコンプレッサー(CP)、RWS20Aという形式らしく、1分間に約2,000ccの圧縮空気を供給出来る機械です。主要部品に「ナブテスコ」と入っています(日本ナブ…

繰り上げ#2

それでは、今回も引き続き、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 今回の写真は、MG、電動発電機です(写真)。架線の直流電力から、制御系、他サービス設備用の交流電力を得るための装置、機番はCLG703、容量75kVAです。8000系等に…

繰り上げ#1

それでは、今回からは、東武鉄道南栗橋のイベントからお届けします。 写真は、かつて私鉄単独系列で最多両数を誇った8000系、亀戸線用、8675始め2連です(写真)。正面はリニューアル時にモデルチェンジしていますが、塗色は実験塗色の復活です。同…

On Season

それでは、今回は、秩父鉄道「パレオエクスプレス」からお届けします。 横瀬からの帰り道、国道の踏切が、長く開きません。低速列車なのか、と思うと、瞬時に答えは出ます、間もなく黒い車体が通過していきました。そこでそのまま三峰口まで先回りして、待っ…

過去、現在、未来#17

それでは、今回は、西武鉄道横瀬のイベント、最終回です。 写真は、40000系のT台車、新日鐵住金SS185Tです(写真)。ヨーダンパの無いボルスタレス台車、軸箱支持はモノリンク式です。JRの初期のボルスタレス台車のようです。 アンチローリン…

過去、現在、未来#16

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、池袋、元町・中華街、西武秩父方先頭、40102の、前部側面です(写真)。ここだけ、他の部分と異なっています。 その位置には、車椅子スペースがあり、車椅子を固定するこ…

過去、現在、未来#15

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、西武鉄道最新系列、40000系、40102始め10連です(写真)。副都心線通過対策で、正面にドアがあり、トンネル内で前後に脱出が可能です。LED方向幕には、”Sトレ…

過去、現在、未来#14

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、505、351系とされます(写真)。101系より前の、西武の電車です。片開き3ドアがクラシカルですが、湘南顔の洗練された顔つきは、以降も踏襲されます。 その、台車で…

過去、現在、未来#13

それでは、今回も引き続き西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、昨日の3011の相方、3012、「メーテル」です(写真)。この中も見学しました。 運転室の、助士席(写真)。既に座席は無く、助士が付くときは立っていました。 運転台(写…

過去、現在、未来#12

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は10連の3ドア車、3000系、3011「車掌さん」です(写真)。 車内が見学出来るので、中に入ります。 運転台(写真)。右手のブレーキハンドルは外されています。左手のマ…

過去、現在、未来#11

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は、E31の、連結器周り(写真)。E854と比べるとおとなしいですが、ホースは3本、柴田式並形自動連結器に、重連総括用のジャンパ栓も用意されます。 飯能を通らない東飯能…

過去、現在、未来#10

それでは、今回も引き続き西武鉄道横瀬のイベントからお届けしたいと思います。 写真は、西武鉄道の電機の最後を飾る新製機関車、E31形E31の、台車(写真)。これは再利用品とのこと、国鉄旧性能電車80系の動台車、DT20Aを再利用したものとのこ…

過去、現在、未来#9

それでは、今回も引き続き西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真はかつて一世を風靡した101系、1224の台車(写真)。住友金属(現「新日鐵住金)FS072です。ボルスタ台車、これも各社で見られる台車です。 今でこそ日立製もありますが…

過去、現在、未来#8

それでは、今回も引き続き、西武鉄道横瀬のイベントからお届けします。 写真は昨年突如引退となった9000系、9006です(写真)。4ドア10連で、引退の理由が分かりませんでしたが、ラッピング車も多数、抵抗制御車の最期の装飾という考え方も出来ま…