Tetsu Construction

こんな、構造物なんだ!

改築中#2

f:id:seichiro0:20170803202911j:plain

 それでは、今日も引き続き、JR東海浜松工場からお届けしたいと思います。

 かつてはシャトルバスのターミナルになっていた、センタートラバーサ前の広場(写真)。中心は、今まで使用されてきた、屋根付きのトラバーサです。

 既に建物の改築が進み、このセンタートラバーサも、今後移設、撤去ということが考えられます。来年は、どうなっているでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

改築中#1

f:id:seichiro0:20170802201829j:plain

 それでは、今日からは、JR東海浜松工場からお届けしたいと思います。

 写真は、工場の一番端に当たる部分に設置された、新しいトラバーサ(写真)。JR東海オレンジに塗られた、屋根付きのトラバーサです。

 浜松工場も、耐震補強のためとして、操業しながら改築を行っています。その一環で、車体吊りの天井クレーンも廃止となり、昨秋に最終イベントが行われました。このトラバーサは、まだ本格運用には入っていないようで、まだこれからといった感じでしたが、多分ここ1,2年で、大きく変わっていくことでしょう。

 それでは、次回をお楽しみに。

トンネルの向こう#5

f:id:seichiro0:20170801215544j:plain

 それでは、今日は、釧路市からお届けしたいと思います。

 現在釧路市になる、旧阿寒町中心街にある、国鉄、後に雄別鉄道(廃止)に譲渡された、C11 65(写真)。国鉄制式機のナンバーと状態のまま、譲渡されました。

f:id:seichiro0:20170801215602j:plain

 キャブ(写真)。小型のボイラ、片手でチェーンを引き石炭を投入します。ほぼ開放の保存の割りには、状態は良い方です。

 現在、この近くまで高速道路が開通し、長閑であった北海道の移動からは、隔世の感があります。高速バスも繁盛し、よりJR北海道の経営を圧迫します。まだ時程はJRが勝っていますが、随時性が、やはり問題です。良い方法は無いのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

トンネルの向こう#4

f:id:seichiro0:20170731223038j:plain

 それでは、今回は、登場2回目、東川町郷土資料館に保存される、旭川電気軌道(廃止)101を、再びお届けします。

 建物のスペースギリギリで収まっている同車、一枚に入れるには、超広角レンズが必要です(写真)。

 奥は、鏡で、広く見せる技術があります。

f:id:seichiro0:20170731223053j:plain

 車内(写真)。一部展示用に変更されている部分もありますが、概ね営業当時のままのようです。半鋼製で、木材が多用されます。

f:id:seichiro0:20170731223106j:plain

 運転台(写真)。計器は少ないですが、エアブレーキで、他ツーマン運転用の装備があります。

 今年、同鉄道最後の車両、1001も撮りました。そのうちに、お届けする機会があればと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

トンネルの向こう#3

f:id:seichiro0:20170730224300j:plain

 それでは、今回は、引き続き北海道の車両からお届けしたいと思います。

 写真は、三菱美唄鉄道2(写真)、鉄道院4110形同形です。5動軸のタンク機、急勾配線区用で、同形は人吉や庭坂に配置され、肥薩峠や板谷峠越えに使用されました。

 三菱美唄鉄道も勾配線区とのことで、同形が使用されたようです。

f:id:seichiro0:20170730224319j:plain

 キャブ(写真)。焚き口は小さく、急勾配用としては小さめのボイラです。肥薩峠では1駅ごとに給水が必要とのことでした。

 肥薩峠ではD51に置き換えとなり、戦後最後の制式SLであるE10が、期待を持って配備されますが、空転が酷くすぐに転属となり、D51が永く天下でした。函館本線もD51を使用したはずですが、美唄への入線は無かったようです。

 それでは、次回をお楽しみに。

トンネルの向こう#2

f:id:seichiro0:20170729232604j:plain

 それでは、今日は北海道の2回目、岩内町のD51をお届けします。

 写真は、D51 159です(写真)。公園の中に静態保存されます。

 塗装に傷みはありませんが、銀色の場所までペンキが塗られ、動態化はほぼ不可能です。

f:id:seichiro0:20170729232627j:plain

 キャブ(写真)。こちらも同様、ペイントロックしていて、可動部も動かない様子です。

 オープンな公園で、この程度の傷みであれば、まだ軽傷という感じはしますが、動態化は残念ながら無理でしょう。保存という観点から、仕方ない面はあります。

 それでは、次回をお楽しみに。

トンネルの向こう#1

f:id:seichiro0:20170728221514j:plain

 それでは、今回は、海を渡り、北海道の車両からお届けしたいと思います。

 写真は、倶知安町に保存される、9600形79615(写真)、かつては「二つ目羊蹄」と書かれたヘッドマークと、2灯のライトを装備した同機でしたが、右側は喪失し、左側も傾いています。引退後つい数年前までは何でもなく、ここ数年の悪戯で、その一部が失われてしまいました。

f:id:seichiro0:20170728221538j:plain

 キャブ(写真)。水面計はやはり無く、夜間も出入り自由で、それでこの状態はやむを得ませんが、少々残念な状態です。

 壊す人に「大正の名機」と言ったところで何も変わりませんが、非常に残念です。今後が、少々心配です。

 それでは、次回をお楽しみに。